高血圧の注意点について

高血圧の注意点について

 生活習慣病のひとつと言われている高血圧は、特有の自覚症状がないため定期健診などで発見されることが多いそうです。

 

 高血圧は別名「サイレントキラー」と言われ、放置していると次第に血管を劣化させ命にかかわる病を招く恐れがあります。

 

 高血圧の状態が続くと心臓に負担がかかり、血管の壁が厚くなるため血液の流れが悪くなり全身の動脈硬化を起こしてきます。結果、心臓病や脳卒中・腎臓にまで悪影響を与えます。

 

 血圧は一日のうちでも変化しています。日中緊張したりストレスがかかると血圧は高くなり、逆にリラックス状態だと低くなります。血圧がいつも基準値以上の状態である場合は、治療が必要となります。

 

 高血圧を疑われた場合には医療機関で適切な診断を受け、改善するための治療を受けることが大切です。医師による投薬治療にばかり頼らず、まずは自分の生活習慣を見直すことが大切です。規則正しい生活を心掛け、塩分を減らした食事と適正な体重管理をする、十分に睡眠をとり、ストレスをため込まないことも重要です。

 

 また、冬期間は暖かな室内と廊下や浴室や脱衣所、トイレなどの温度差も血圧上昇を招くので注意が必要です。いずれにせよ、身体の不調を感じたらまず医療機関の受診を受けてましょう。

高血圧の注意点について記事一覧

高血圧の正常値について

 血圧の正常値は時代によって変わり、ほぼ4年ごとに改訂される降圧目標値は厳しくなる傾向です。日本では2009年1月に改訂された日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン2009」が基準になっています。 ガイドラインによると、診察室で測定した血圧(病院・診療所等で医師・看護師により測定された血圧)が...

≫続きを読む

 

 
ツボ刺激&気功体操で改善 ストレッチで改善 食事療養で改善 高血圧の注意点